【夏祭り】ポイントを押さえて彼氏も自慢の浴衣美人になっちゃおう♪



夏祭り 浴衣美人

夏祭り、花火大会、といえば浴衣!!

 

今からとっても楽しみですよね。

「もう浴衣選びはバッチリ!」という方もいるでしょう。

 

 

でもちょっと待って!

 

もっと浴衣を楽しむために、

「あともう一歩進んで」準備をしておきましょう。

 

 

ここで差がつくポイントを4つご紹介します。

 

これであなたも浴衣美人間違いなし♪

 

 

Sponsored Links

Point 1. 『小物で差がつく』

かばん

いざ浴衣を着ると、

普段のかばんでは悲しいほど不釣り合いなんですよね。

 

「わざわざ浴衣用のかばんを買うのは、ちょっとなぁ・・・」という方は、

お手頃な “巾着” や、

普段も使える “かごバッグ” がおススメ!

yukatabijin005

yukatabijin0008

 

 

お財布

いつものお財布では大きすぎて、

他の荷物がかばんに入らなくなってしまいます。

 

かばんからさっと出すお財布が、

和テイストだとかわいいですよ。

 

”がまぐちのお財布” なら、

かさばらず、お札も小銭も入ります。

yukatabiji0n00006

 

ちなみにこちら、100均です!

 

夏祭りの日は万一の盗難にも備えて、

必要最低限の物だけにしておきましょう。

 

改札は混雑するので、

電車移動ならICカードは必須です!

 

 

扇子

花火大会は待ち時間も長いので、暑さ対策も大切です。

 

うちわより、 “扇子” のほうが持ち運びも楽。

帯にはさめばアクセサリーにも♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

またまた、こちらも100均です♪

一日限りでお急ぎなら、

100均で十分カワイイモノが見つかりますよ♪

 

 

Point 2. 『持ち物で差がつく』

浴衣のときは、多すぎる荷物は不恰好。

必須アイテムは厳選して選びましょう。

 

ポケットもありませんし、普段とは違うかばんですから、

ケータイやお財布をなくさないように注意してくださいね。

 

 

ハンカチと手ぬぐい

ハンカチは言わずもがなですが、

さらにもう一枚は”手ぬぐい” がおススメ。

 

万能な手ぬぐいはいろいろな使い道があります。

  • 敷く(地べたに座ったら浴衣が台無しです)
  • 突然の雨よけ
  • 濡らして暑さ対策
  • 帯の着くずれ時など、間にはさんで応急処置に。
  • 荷物が増えた時に包む

yukatabiji0n00010

 

もちろんこれも、100均でかわいいのが見つかります♪

 

 

ウェットティッシュ

夏祭りの醍醐味といえば、食べ歩き!

ですが、飲食店のようにおしぼりはもらえません。

 

たこ焼き、かき氷、りんご飴・・・

どれも決まって手がべたべたになってしまいます。

 

『大切な浴衣が汚れてしまった時も、応急処置に使えるので必須アイテム』です。

yukatabiji0n00009

 

困ってる彼にそっと渡せば好感度アップですね♪

 

 

厳選した化粧直しグッズ

大切なデート・・・

あれもこれもと持っていきたくなる気持ちはわかりますが、

荷物が多すぎると楽しみも半減します。

 

それに、

人ごみの中ではお化粧直しをするタイミングも、そうそうありません。

(眉毛やアイメイクは、ウォータープルーフでナチュラルに仕上げておきましょう!)

 

 

最低限のものとして持っていくなら↓こちらがおすすめ。

・脂取り紙(鏡つきや、パウダー入り化粧直し用がおススメ)

yukatabiji0n00008

yukatabiji0n00007

http://www.kami-ya.jp/item/paper/dry.html

 

・リップクリーム(鏡つきがベスト)

yukatabiji0n00004

 

何より笑顔が一番のお化粧、

あまり気にしすぎずに 大切な時間を楽しみましょう!

 

 

Sponsored Links

Point 3. 『立ち振る舞いで差がつく』

この3つは押さえておきましょう!

 

歩き方

・やや内股で、いつもより小さな歩幅で。

・つま先から地面につく。かかとを引きずらないように。

・背筋はまっすぐを意識して。

yukatabiji0n00011

出典:allabout

 

階段

登るときは、裾を踏まないように!

→右手で少し裾を上にあげて登りましょう。

 

降りるときは、安全に!

→階段の傾きに対して前のめりにならないように、重心を後ろにして降りましょう。

yukatabiji0n00005

出典:www.alti-inc.jp 

 

お手洗いに行くとき

・浴衣の裾(上前と下前)を帯にはさむ。

・長じゅばんや裾除けの裾も、同じように帯に挟み込む(重ね順に合わせて順番に)。

・ 戻すときは、 逆の順におろしていきます。

yukatabiji0n00000

 出典:www.suzunoya.com 

着崩れ防止のためにもマスターしておきましょう。

 

 

 

Point 4. 『ピンチで差がつく』

特別な浴衣で特別な場所だからこそ、トラブルもつきもの。

 

慌ててしまうと、

せっかくの楽しい時間も台無しになってしまいます。

 

落ち着いて行動できるように、

この2つの対処法は押さえておきましょう。

 

 

着崩れちゃった!

人ごみで長時間の移動では、浴衣が着崩れることもあります。

 

これってほんとに泣きたくなりますよね。。。

 

でも直し方さえ知っていれば大丈夫、

もしもに備えて予習しておきましょう♪

 

 

歩けない!

履きなれない草履で長時間歩くと、

必ずと言っていいほど鼻緒の部分が痛くなります。

 

せっかくの楽しいお祭りも、

歩けなくなると一気にテンション下がりますよね。

 

予防策として、こんなグッズはいかがですか?

 

・足袋ソックス

yukatabiji0n00003

・足指ソックス

yukatabiji0n00002

・鼻緒クッション

thongfgptop1

 

 

念のため、靴連れの応急処置として、

”絆創膏” は必ず持っていきましょう。

 

 

せっかく浴衣を着るなら、

最高の笑顔を思い出に残せるように、

しっかり準備をしておきましょう♪


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ